読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

大反省会。

あまのしんたろう写真活動情報


近くのイオンでやっているフリーマーケットで、
写真展示しつつ写真を使った商品を販売。

結果から言うと大惨敗。



10時から13時までの開催中にブースの配置でなんとかあがいてみた変遷↓

四角の配置で裏を回ってもらう作戦


小物のボックスを扇形に広げて導線をはっきりさせる作戦


空間あけて通路から写真が認識できるようにする作戦

お客さんに「写真がある」っていう事さえ認識されていなかったから
内容以前の問題だった。

来場者6人。

前回の豊橋の展示が
手ごたえ最高に良かっただけにショック。

フリマ自体のお客さんは多くて
目の前を1000人くらいは通ったと思うから
もっと分かりやすい展示方法にして再挑戦だなあ。

観てくれた人6人への感謝度が普段より濃い。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○         ○
自分への報告書
○         ○

今回の結果
お客さんに写真展だと認識されず
目の前を通り過ぎられるだけだった

問題点
フリーマーケットのお客さんの体の動き、目の動きを考えられていなかった
・ブースのスペースを見誤り(もっと狭いつもりだった)スケールの小さい展示にしてしまった

改善案
・写真壁を180㎝の高さに組み立てて目線の高さにする(強風による危険に注意)
・通路に近すぎると立ち止まれないので、写真壁を奥に組み、回り込む導線をやめる
・写真を大きく、タイトルの文字も大きくする
・写真を使った商品の陳列の密度を高くする
・足元に矢印みたいなカーペットをひくなどブース内に一歩入ってもらえる仕掛けをする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かなり暗い報告書だなあ、事実として受け止めるとなると。

ちょっとでも見てもらって反応悪いんなら写真の内容を考えられるんだけど
今回はほとんど通路状態だったからいつもと考えるポイントが違う。

人生でもあんまりなったことのないへこみ方で、
小さいころにこの経験してたら
もうちょっと目立ちたがりな性格になってたんじゃないかってくらいの衝撃。

成長する糧としては十分の経験できたから、まあオッケー。



注目の次回フリマ出店企画は
強風と低温を避けて3月くらいの予定。

だいたいいつも挑戦だけど
この企画は特に「挑んでる」って感じがする。