読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

形原温泉「あじさい祭り」の初日に行ってみた

イベント、博物館レビュー


6月1日から6月30日まで
愛知県蒲郡市の方原温泉エリアにある「あじさいの里」であじさい祭りが開催。
車でちょうど通りかかったので行ってみた。



一か月続く祭りの初日なので、
あじさいは4分咲きとのこと。

あんまりあじさいを知らないから
これが残念なことなのかどうかよく分からなかった。

『あじさいは4分咲きが最も趣深い』みたいな立て札があったら
余裕で信じてしまえる。



入ってすぐの斜面にあじさいがひしめいていた。

こういうのは中通っても近くの花しか目に入らない。

ちょっと離れたとこから見た方が迫力感じるはず。



園内には飲み物や軽食などの店の小屋があり
鉢で育ったあじさいの展示小屋もあったりする。

これは地植えのモノより花の密度を高められるから
換算すると「14分咲き」くらいなのかな。



アイスみたいな形状でわらびもちが売っていた。

せっかくだから直に氷に触れていたやつを食べてみたところ
だいたいいつも通りのプルプル度だった。

ガチガチにかたいわらびもちは存在しないのだろうか。



海の方から風が吹いてくると
濃い磯の香りがする。








自分が見た中では園内で一番大きなあじさい。

タンバリンくらいの大きさ。



高低差が激しいので、
道を歩いているとあじさいに見下ろされていたりする。



様々な品種のあじさいの展示コーナーも。









地図に見晴台とあったのでゴールのつもりで目指していたら
立ち入り禁止のパイロンが。

倒木なんかでこの道がふさがってる可能性を考えて
もう一つのルートで登ってみることに。


もう一つのルートも通れなかった。

さては、見晴台作ったはいいけど
周りの木が大きくなりすぎて
何にも見えなくなったパターンのヤツかな?

また一つ謎を拾ってしまった。