読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

ラジオの話。

ラジオ活動 競馬

 ラジオを購入。

 番組が面白いし、作業がはかどる。

 だけど、高校時代からお気に入りの「ナインティナインのオールナイトニッポン」は相変わらず楽しくて

 

(高校でラジオといえば、修学旅行の日程がダービーと重なっていて、バスの中で友達とラジオで競馬中継を聞いていた。

 ラジオから聞こえてくる音だけなのになぜかテレビで見るよりも臨場感あって、まるで競馬場にいるような気分で、サニーブライアンの走りを感じていた。

 ただ、その時自分が注目していたのは武豊の乗っていたランニングゲイルで

 

*1

 

そのお父さんのランニングフリーの頑張り屋のイメージをそのままダブらせて応援していた。

 そのダービーは当時は低レベルと言われたけど、サイレンススズカやシルクジャスティス、メジロブライト、マチカネフクキタル、ゴットスピードと、のちの名馬たちのばかり。実家の部屋にこのダービーのジグソーパズルが飾ってある。そう、ランニングゲイルは5着だった。)

 

聞いてるあいだ作業が手に付かない。

 音だけで伝えるという方が、かえって無駄な作業なくダイレクトに番組作りに力を注げる分、面白く作れるのかもしれない。

 

 あと聞く方としては、ラジオの「対面性」みたいなものが良いんだと思う。DJの人は生放送で聞き手に向かって話すから「自分と話し手」という関係で、親近感というかいかがわしさというかが。

 

 

 生放送とまではいかないけど、ラジオ番組作ってみたい。

 ジングルとかラジオドラマとか作るから、サクラでメール出したりもするから、だれかDJやってくれないかなあ。DJ募集中。

 

 

 

 

 ※ずっとビクターのマークは「頭絡を着けた馬の顔」だと思っていたけど、さっき違う事に気がついた。

*1:武豊といえば、うちには武豊の競馬ゲームがある。

 6頭の馬を磁石で下から引っ張っていき途中にある出っ張りに引っかかりながら進んでいくというもので、簡単な機械のわりに同じ馬では決着しなくて面白かった。

 小さい時はみんなで集まっておかしを賭けあったりして楽しんでいた。またやりたい。