読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

伸び縮みする「黄金の信長像」と「岐阜シティ・タワー43」

岐阜駅前の「黄金の信長像」はイメージより小さく感じた(身長120㎝くらいに) 事前にテレビとか旅行誌で見てて、頭の中で大きく膨らみすぎたのかと反省 で、あとから調べたら身長300㎝だった 岐阜で一番高いビル「岐阜シティ・タワー43」の展望台から …

間に合うコトと間に合わないコト「南公園梅まつり」

2017年2月18日~3月5日まで愛知県岡崎市の南公園で「梅まつり」が開催 まつりといっても屋台が一軒出るくらい 雰囲気はほぼ普段どおりだから 一足早いお花見感覚でお弁当とか持っていくのも楽しそう たまたま大道芸に遭遇 まつりの時期とは関係なく、月二回…

うしの魅力「岡崎市・畜産フェア」

2017年2月25日におかざき農遊館の一角で行われた「畜産フェア」 年に一度のイベントで 開始からすぐに長い行列が出来ていた 「とにかく列があるから」という理由で並んだ人も多くて 分かってない人が分かってない人に「これは何の列なの?」と質問をぶつけて…

おまけ写真「黒壁スクエア散策」

デキのいい綾波レイ「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁・龍遊館」

黒壁スクエア内にある海洋堂ミュージアム 新旧入り乱れた商店街の中でも異彩を放つ門構え 龍遊館というだけあって竜の作品が多め 恐竜シリーズとファンタジー系の竜が並ぶ 海洋堂というとチョコエッグのイメージ ここには初代チョコエッグのシリーズがあり …

世界にはこれより大きいものがあるのだろうか「日本一万華鏡」

滋賀県長浜市の黒壁スクエア内にある「フリーマーケットガーデン」 ガーデン内はバーベキュー場っぽい雰囲気で 細長い道を歩いていくと寂れた風の小屋が並ぶ 閉まってる店もあれば とびきりオシャレな洋菓子もありつつ お土産屋っぽいようなマッサージ屋っぽ…

滋賀県長浜市「黒壁スクエア散策」

長浜市の古い町並みの一角にある 新旧の店がギュッと詰まった区画「黒壁スクエア」 明治時代からの建物が多いらしい 山車の倉庫らしき建物の前も広場として活用 区画内を大きめの水路が走っていた ここのカモはヒトからできるだけ離れようとするので 橋の上…

やけにカッコいい名前の商店街「キャッスルロードとか」(3)

彦根城につづく道の商店街「キャッスルロード」 近江牛関係の店が多くて値段もまあまあする ちょこちょこと色んなものを食べ歩きたかったので このコロッケで「近江牛」はクリアしたことにする 大通りの側溝がはなやか 街並みに溶け込みまくってる公衆トイレ…

ゆるいかべ「彦根城内」(2)

彦根城の中は噂通りの勾配 きゅうな階段というより、ゆるい壁といった方が近そう 上りでももの筋肉をやられる 近くの広場で消防隊がなにかの大会をしていた いい具合のBGMが城にこだまする 下りは膝をやられる 隙を生じぬ二段構えの仕掛け あんなかわいい顔…

ひこにゃんに会いに行く「彦根城」(1)

春休み期間に滋賀県方面に行ってきました 18切符使用なので一日で色々回る計画 まずは彦根 駅前から彦根城を推しがひしひし伝わる 駅前からいい具合の出来の彦根城のミニチュアを発見 城までの道中でフライングでひこにゃんに会う 隙あらば彦根城なとこがい…

ブログ引っ越ししました

お試して引っ越してみました。不都合ないようなら今後はこっちで写真記事をアップしていきます!

岡崎ミステリースポット当確「牛乗山(うしのりやま)」

一畑山薬師寺の道をさらに奥までいくとある「牛乗山」勝手に「岡崎ミステリースポット」を考えてみたところどう考えてもトップ3には入りそうな場所なので紹介一畑山薬師寺の駐車場を抜けると異様に広い空間がその空間の端っこのかなり分かりにくいところにさ…

東京チカラめし級の怒涛の出店「フェルナ」

ほんの半年前くらいに「かわった店ができたなー」と一店舗目を発見してからあれよあれよという間に次々と増えていったスーパー「フェルナ」大量の商品をひとまとめにすることで安さを実現する業務系のスーパーがそれを小分けにして売っているようなお店。な…

英語版スライドショー「TOYOHASHI QUEST」

トヨハシクエストの英語版をyoutubeにアップしました。日本語のタイトルと意味を変えているものもあるのでぜひ一度見てみてください!画面右下のyoutubeを押すとせいしきな詳しいページに飛ぶのでそこでチャンネル登録してもらえるとうれしいです!↓記事がgo…

隠れた名スーパーマーケット「みどり」

ずいぶん昔からあるスーパーの「みどり」いつからか大通り沿いの建物がサークルKになってたからてっきり卸だけやってる倉庫的な場所になったと思っていたらまだまだ全然現役だった店の入口素人はこの段階では「サークルKに野菜コーナーがある」のかと思う…

岡崎の「農大祭」に行ってみた

12月3日に愛知県立農業大学校で行われた「農大祭」農業関係の実習ができる場所なので農地合わせるとすごい広さ。校舎のある広場にはテントがならんで農作物や加工品と飲食販売がされていた品質も折り紙付きの作物がスーパーなんかでの相場無視のだいたいのも…

展示の仕方の勉強「クリエイターズマーケットvol.35」

ポートメッセ名古屋で行われた「クリエイターズマーケット.vol35」を見学。いつのまにか会場が2エリアになっていて、規模が大きくなっていた。今回は今後の参加も見据えてどんな展示方法がいいのかを見つつ楽しむ。びっしりモノがある方が賑やかで立ち止まり…

大反省会。

近くのイオンでやっているフリーマーケットで、写真展示しつつ写真を使った商品を販売。結果から言うと大惨敗。10時から13時までの開催中にブースの配置でなんとかあがいてみた変遷↓四角の配置で裏を回ってもらう作戦小物のボックスを扇形に広げて導線をはっ…

youtubeにスライドショー作品『トヨハシクエスト』をアップ!

2015年に愛知県豊橋市で開催されたアートイベント『sebone』で出展した作品をスライドショー用に編集しました音楽つけたらイメージ以上にホラーテイストになったので壁作品の時より「笑える要素」が奥の方にひそんじゃってるかも(パソコンでみるときはペー…

アートに囲まれて逃げ場がない「第53回造形おかざきっ子展」

10月22日23日に岡崎市世界こども美術博物館で開催された「おかざきっ子展」年に一回岡崎の小中学校を中心に子どもたちの作品が展示されるイベントもともと学校の先生がたちが「授業で子どもたちの作った作品を展示しよう」ということで始まったものなので作…

幻のたこ焼き屋「八ちゃん堂」

25年くらい前に独特のおいしさにひかれて家族の人に買ってもらいまくってた近所のたこ焼き屋「八ちゃん堂」東京の大学に行っていたりして目を離している間につぶれてしまって悲しかったで、最近ふと思い立って調べてみたら戸越駅近くに渋谷店(めちゃめちゃ…

もう時間がない人用「愛知トリエンナーレおすすめ作品」

10月23日で終わる愛知トリエンナーレもう時間ないので駆け込みorチケット余っちゃってる人向きに常設会場をピンポイントおすすめ一つだけ行くなら名古屋の「愛知芸術文化センター」が面白い展示が多くてオススメ逆に言うと他の会場は「本来は面白い作品なの…

ここだけ行っとけばひとまず大丈夫「ペンタルム」

愛知トリエンナーレ岡崎会場の「ペンタルム」巨大なふわふわバルーンの中に入ってくつろいだりできる作品外から見てもなかなかキレイ中はバルーンごとに色が異なっていて各自それぞれ居心地のいい色を選んでやすめるずっと同じところにいると目がホワイトバ…

本当の目的地「京都駅」

最高にかっこいいと聞いていた「京都駅」京都に来たのもここを見てみたかったから天井が高くて空間感がすごい上の写真にも写っている「空中回廊」への道高いところが極度に怖い人には無理かも

小学生時代以来の「新京極」

6年生の修学旅行以来の新京極当時はお土産やメインで探していたからどこの店にも木刀が売っていたイメージ今は木刀屋ぜんぜんなくて普通のお店が並んでいた新京極近くの錦市場小さな道の両側にお惣菜屋中心にいろんなお店が並ぶ串にささってすぐ食べられる系…

特級観光地「祇園」

祇園っぽい場所川と建物が面してるイメージだったけど実際見てみると間に妙な間があった舞妓さんとかが来たりする場所なはず昼はいろんなところで撮影会みたいになってたウインズ京都祇園の通りのすごくいい場所に場外馬券売り場が。土日の雰囲気を見てみた…

京都岡崎から祇園までの道「古川町商店街」

岡崎地区から祇園までの電車がなかったので歩いてみた途中に趣のある商店街があったので寄り道お惣菜も売ってるお肉屋さんがあったので迷わずから揚げを購入袋に直で入れてくれていて食べ歩きにベスト特徴のあるおいしい味だったのは覚えてるけど具体的にど…

一桁違いの歴史「平安神宮」

120年前に博覧会の目玉として復元されたらしい用地買収の頓挫のせいで実物の8分の5のサイズでつくられているという逸話の生々しさがいい1200年前の平安京の復元モノとはいえこちらが出来てからも120年もたっているので相応の格式が備わっている雰囲気建物ま…

京都にある岡崎「岡崎地区」

岡崎市出身として京都の岡崎地区はちょっと親近感岡崎のカフェを検索すると岡崎市の店に交じって京都の店が出たりすることでお馴染み病院の待合室で自分と同じ名前の人が呼ばれた時の感覚岡崎城のレプリカでも置いときたくなる公園岡崎通りを歩いていると急…

18切符が余ったから「京都市動物園」

18切符の期限がギリギリだったので日帰りで京都へ岡崎駅から3時間半くらいで京都の蹴上駅そこから10分くらい歩いて動物園道中首から下が埋まったミラーに遭遇大きめの「お地蔵さんの社」とぽつんとあった小さな「うつわや」通行量多いからこんな立地でもお店…

公式サイトを刷新しました!

公式サイトの構成を大幅刷新。全体的にシンプルにする方針で新たに過去の写真展ページを作って時系列をわかりやすくしました。今後は(可能なら)フリーマーケットみたいなところで小さな展示をバンバンやっていこうと考えているのでたまーにチェックしてみ…

タハラクエストのおまけ写真(2)

昨日の続きおわり↓記事がgoodだったらクリックお願いします!

タハラクエストのおまけ写真(1)

展示全体の内容の統一性問題だったりいいタイトルが思いつかなかったなどの理由で、今回の展示では使わなかった写真。「タハラクエスト」を今後再編集することがあれば一軍入りするかも。↓記事がgoodだったらクリックお願いします!

豊橋アートイベント「sebone」での展示風景

2016年8月27日と28日に愛知県豊橋駅前の水上ビルを中心に行われたアートイベント「sebone」今回は元お総菜屋のスペースを使っての写真展を開催。会期中は愛知トリエンナーレと被っていたのでトータルの内容は厚くなっていたはず。出展タイトルは「タハラクエ…

写真展やります!「8/27.28豊橋水上ビル」

8月27日28日に愛知県豊橋駅の近くにある水上ビルを中心に行われるアートイベント「Sebone」に参加します。あまのしんたろうブースはこの右側のスペース。今回は豊橋の隣の田原市の写真を使った「タハラクエスト」を展示。かなり面白い予定なので今のうちに手…

愛知三大B級スポット「竹島ファンタジー館」(後編)

終盤に現れる竜宮城への立派な門。金の橋から宴の様子を見ることができる。ストーリー最後となるアニメーション。ここまでに起こったトンデモ設定のつじつまを合わせるような話になっていて面白い。エンドロールにオリジナル曲なんかもあって完全にB級スポッ…

愛知三大B級スポット「竹島ファンタジー館」(前編)

愛知県蒲郡にある「ファンタジー館」2010年に一度閉館した後、2014年に奇跡の復活を果たした!以前は貝殻を使ったオブジェを巡るだけだったけど、リニューアル後は、新たにアニメーションでのストーリー要素が追加。二人のキャラが伝説の卵を探す物語。めち…

アトラクションが本格的過ぎてちょっとひく「イオンモールとこなめ」

2015年12月にオープンした「イオンモール常滑」お店のエリアに加えて、温泉施設やサーキットなんかもある。飲食店コーナーは「和の祭」な雰囲気。焼き物作家たちが作ったいろいろな「招き猫」が展示されている。一周600mのサーキットコース。タイムを1000分…

めんたいパークとこなめ(二度目)

三年前にも記事を書いた愛知県常滑市の「めんたいパーク」に再訪。並びなおせば何度食べてもいいシステムの試食コーナーは健在。めんたいこは、この形のパスタで食べるのも新食感でおいしい。施設として試食コーナーがあるにもかかわらず販売コーナーでもい…

刈谷のスーパー「コノミヤ」と「たこ焼き屋」とドン・キホーテ

以前から刈谷へ行く道を通りかかるたびに気になっていたたこ焼き屋に行ってみた。一階がスーパー、二階がドン・キホーテになっている施設の駐車場にあるお店。「たこ焼き」は深い穴のあいた鉄板に記事を流し込んでひっくり返さず焼くタイプ。「食べやすいお…

豊田で道に迷った時の風景。

裏アトラクション「恵那峡ワンダーランドの資材置き場」(後編)

前編からのつづき↓記事がgoodだったらクリックお願いします!

裏のアトラクション「恵那峡ワンダーランドの資材置き場」(前編)

恵那峡ワンダーランドの旧駐車場なのか臨時駐車場なのかとにかく行った日には使われていなかった空間。大きめな道路沿いにあっていい雰囲気を出していた。ここが素敵すぎたのでいつかここに運ばれるであろうモノがたくさんある現役の「恵那峡ワンダーランド…

間違ったことは言ってない「珍宝館」

岐阜県恵那峡の「展望ガーデン・天界苑」の入口の建物。看板にはどれも魅力的な言葉が書いてあってその中に「珍宝館」の文字が!珍宝館といえばそれはもう我々B級マニアにとっては鉄板中の鉄板フレーズ。ファミリー向けの観光地だから群馬の珍宝館ほどでは…

あそびは野蛮でかまわない『博石館』(後編)

この施設の象徴的な存在のピラミッド。中に入ることができて迷路になっている。最初に地図を見せてくれるということはノーヒントだと危ないというメッセージか。ドラクエ3のピラミッドの曲が勝手に頭の中で流れるほどに本格的な迷路。行き止まりにオブジェが…

意味深な「かぎかっこ」での注意文『博石館』(前編)

岐阜県中津川市にあるストーンミュージアム「博石館」隣接する石の会社がやっているテーマパークで、商売というよりは「石で楽しんでもらおう」という心意気が感じられる。まず、駐車場のトイレがすでに石造りで名物になっている。今回は入ってないんだけど…

おすすめパスタの派閥争い「銀の森」

岐阜県恵那市のお土産買ったり食事できたりする処「銀の森」緑の中の小道を歩いて、いくつかの建物を巡るつくり。園内地図と鐘が一体化。あまり見ない組み合わせ。森の食卓レストランのイタリアンビュッフェ。ここのメニューには特徴があって、茹でただけの…

渥美半島行き当たりばったり写真

自分の持ってる渥美半島の地図だと観光用の場所しか書いてなかったので、適当に走って気になったところがあったら撮影。あんまり名前のついてなさそうな海岸に出る道の小山。岩肌がアメリカンなチーズみたいで、かたいのかやわらかいのか分からない。結構な…

リアリティーと迫力の配分「サンテパルクたはら・サラダ館」

以前も記事を書いた愛知県田原市の農業系の観光施設サンテパルクたはら。その中にある農林漁業体験実習館「サラダ館」に行ってみた。畑を再現した大きなジオラマがあり「土」が色々説明してくれたりする。野菜は普段の物の1.5倍くらいの大きさでリアル感と迫…

名古屋市科学館のニホニウムとその周辺散策

恐竜化石の展示のついでに名古屋市科学館の常設展も見学。休日とあって子供たちが多くかったので水のカラクリの原動力が豊富でフル稼働していた。元素展示コーナーには話題のニホニウムが。まだ命名されてすぐなので以前からあった仮の名前のままだった。「…