読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

テーマパーク

大きなミニチュアと、大きなミニチュア世界「リニア・鉄道館」

名古屋のあおなみ線、金城ふ頭駅にあるJR東海のテーマパーク「リニア・鉄道館」に行ってみた 外観がもう未来っぽい あまりにスケールの大きな展示すぎて、ヒトの方がよくできたミニチュアに見えたりする 乗車券を自動販売機で買って、改札を通れるアトラクシ…

しあわせに値段を付けることなんて簡単「レゴランドジャパン(入り口まで)」

ポートメッセに行った流れでレゴランドをチェック。あおなみ線の金城駅からレゴランド方面専用の道ができていた、以前はまったくなかったはず ここを3分くらい歩くとレゴランド ただし途中で楽しそうなショッピングエリアを通ることになるので、そこを見始め…

ヒトなき処に王蟲の群れあり「スターウォーズ展」

4月9日まで名古屋城の2階で行われている「スターウォーズ展」に行ってみた たまたま「名古屋城春の陣」というイベント中で、出店とステージ系の出し物がそこらじゅうで乱立状態 その中にひょっこりスターウォーズのグッズ販売ブース ここまで来てスターウォ…

デキのいい綾波レイ「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁・龍遊館」

黒壁スクエア内にある海洋堂ミュージアム 新旧入り乱れた商店街の中でも異彩を放つ門構え 龍遊館というだけあって竜の作品が多め 恐竜シリーズとファンタジー系の竜が並ぶ 海洋堂というとチョコエッグのイメージ ここには初代チョコエッグのシリーズがあり …

愛知三大B級スポット「竹島ファンタジー館」(後編)

終盤に現れる竜宮城への立派な門。金の橋から宴の様子を見ることができる。ストーリー最後となるアニメーション。ここまでに起こったトンデモ設定のつじつまを合わせるような話になっていて面白い。エンドロールにオリジナル曲なんかもあって完全にB級スポッ…

愛知三大B級スポット「竹島ファンタジー館」(前編)

愛知県蒲郡にある「ファンタジー館」2010年に一度閉館した後、2014年に奇跡の復活を果たした!以前は貝殻を使ったオブジェを巡るだけだったけど、リニューアル後は、新たにアニメーションでのストーリー要素が追加。二人のキャラが伝説の卵を探す物語。めち…

めんたいパークとこなめ(二度目)

三年前にも記事を書いた愛知県常滑市の「めんたいパーク」に再訪。並びなおせば何度食べてもいいシステムの試食コーナーは健在。めんたいこは、この形のパスタで食べるのも新食感でおいしい。施設として試食コーナーがあるにもかかわらず販売コーナーでもい…

あそびは野蛮でかまわない『博石館』(後編)

この施設の象徴的な存在のピラミッド。中に入ることができて迷路になっている。最初に地図を見せてくれるということはノーヒントだと危ないというメッセージか。ドラクエ3のピラミッドの曲が勝手に頭の中で流れるほどに本格的な迷路。行き止まりにオブジェが…

意味深な「かぎかっこ」での注意文『博石館』(前編)

岐阜県中津川市にあるストーンミュージアム「博石館」隣接する石の会社がやっているテーマパークで、商売というよりは「石で楽しんでもらおう」という心意気が感じられる。まず、駐車場のトイレがすでに石造りで名物になっている。今回は入ってないんだけど…

リアリティーと迫力の配分「サンテパルクたはら・サラダ館」

以前も記事を書いた愛知県田原市の農業系の観光施設サンテパルクたはら。その中にある農林漁業体験実習館「サラダ館」に行ってみた。畑を再現した大きなジオラマがあり「土」が色々説明してくれたりする。野菜は普段の物の1.5倍くらいの大きさでリアル感と迫…

名古屋市科学館のニホニウムとその周辺散策

恐竜化石の展示のついでに名古屋市科学館の常設展も見学。休日とあって子供たちが多くかったので水のカラクリの原動力が豊富でフル稼働していた。元素展示コーナーには話題のニホニウムが。まだ命名されてすぐなので以前からあった仮の名前のままだった。「…

やけにリアルな「 吉胡(よしご)貝塚史跡公園」(渥美半島、車旅10)

この史跡公園は、大正11年12年に300体の人骨が発掘された場所で、公園内には資料館がある。 公園部分が周囲の景観に溶け込むのはわかるけど、建物も大きな民家か中小企業の事務所みたいな地味さで、自然面、開発面の両方での溶け込みを見せている。マヨネー…

フェリー乗り場のオアシス「やしの実博物館」(渥美半島、車旅7)

渥美半島の先端、伊良子岬にあるフェリー乗り場「道の駅・クリスタルポルト」 ここから海路で伊勢の方に行けたり、プロっぽい自転車をレンタサイクルして渥美半島巡りができる 時代の流れに乗った感じのオブジェ フェリーは自転車もOK。 「目指せ東京」み…

小冒険ができる「サンテパルクたはら」(渥美半島、車旅3)

大きな花壇や小動物の鑑賞、アスレチック、農業体験ができる施設。湖を一周回れる道があり、それ用に2人乗りとか6人乗りの変わった自転車があったりする。なんとなくここのメインなんじゃないかなーと思っていた花壇。確かに広かった!大正、昭和に使われ…

浜名湖のカキ小屋体験「海湖館きらく市食堂」

おおぶりなカキをその場で焼いて食べれる場所。予約しようとしたら一杯かなにかで当日分があるとかで行ったらすごい行列。屋台の店はすぐ食べられそうだったのでそちらに路線変更。そこの「かきの天ぷら」がめちゃめちゃおいしかった。衣のサクサク感ありつ…

童話の風景「パルケエスパーニャ3」

スペイン童話の散歩道。独特の姿した動物たちのけっこう残酷なシーンもあったりして見応えある。「シーンの中に入らないでくださいね。」という言葉から、一歩踏み入れたらとんでもないことが起こりそう。昔のんびり風の船のアトラクションがあって、それに…

キャラクターパレード「パルケエスパーニャ2」

スペインの娯楽小説「ドンキホーテ」の登場人物を動物に見立てたのがここのキャラクターたち。内容を全く知らなかったので園内に展示されてた小説のまとめを熟読して関係性を頭に入れた。ヒロイン役の「ダルシネア」が素敵で、本当は町娘なんだけど、騎士道…

日本のスペイン「パルケエスパーニャ1」

三重県の志摩にあるテーマパーク。周りは海と山なので、わざわざ壁を高くして周りを隠さなくても雰囲気壊さない立地。通路がいい感じのイルミネーションになっている「太陽の洞窟」特にアトラクション要素のないただのエスカレーターに、すごい力はいってる…

「こども未来館ここにこ」

豊橋の祭に出て来る鬼。この祭見に行きたいんだけど、白い粉とタンキリ飴を投げるらしいから心配。豊橋の路面電車に日本一カーブがきつい場所があるとのこと。これはそのレプリカ。急カーブで体もっていかれるイメージのおかげで、このまま机を蹴散らすビジ…

地下と地上の間のあたり「豊橋市地下資源館」

こういう人形があるところは面白いに決まってる。さりげなく「自然と人工の接点とは?」という問いかけをしてくる。地下資源には恐竜の化石も含まれる。太陽光資源は地下資源と真逆っぽい。 ↓記事がgoodだったらクリックお願いします!

せとものの歴史=せとの歴史「瀬戸蔵ミュージアム」

瀬戸市にあるやきものの歴史を見られる施設。瀬戸の町の歴史関係の物もあり、瀬戸電の展示は本物の電車の中に入れたりする。2階層合わせて総面積1800平方メートルとかなりの広さ。町の一角をすっぽり室内にもってきたような状態。ガラスについた白い汚れがリ…

きょうりゅうのまち「福井県立恐竜博物館」(2014.11.22)

福井県勝山市にある恐竜博物館。町ぐるみの恐竜推しなので途中の道にも恐竜がいたりする。入口に恐竜の研究者が。服来た恐竜は初めて見たかも。館は巨大なたまごのかたちをしている。中もかなりの広さ。化石の研究作業を見る事が出来る。ぜんぜん動きはない…

ザ・カナザワの「兼六園」「21世紀美術館」(2014.11.21)

ここにある木そのものの魅力よりも、それをささえている木材の方により惹かれるのは、結構メジャーな感覚なはず。21世紀美術館の会議室的な場所。まわりがガラス張りでショー的な雰囲気になって、最高にいい会議が出来そう。

「矢勝川の彼岸花」と「新見南吉記念館」(2014.09.29)

少し時期遅れでピンクな感じの彼岸花。日なたの花はしおれてて日影の花は真っ赤という黄泉感。新美南吉記念館。館自体が庭園と合成されたようなつくりでおもしろい。名前が”新”美南吉記念館っぽくて最近できた感が強い。童話「ごんぎつね」に登場する兵十の…

あの『マンガ竜ヶ岩洞物語』の舞台!「竜ヶ岩洞」(2014.06.22)

静岡県浜松市にある鍾乳洞。地主と二人の洞窟愛好家によって拓いた話がマンガ『竜ヶ岩洞物語』になって売っていたりする。特徴のある石はそれぞれ何かに見立てて名前がついている。ヘルメットは本物という工夫がされた顔はめ。パネルだけのものより顔のおさ…

楽しさの研究「大阪市立科学館」(2014.05.05)

ルービックキューブを揃えるロボット。「お前はもう死んでいる」的な宣言をするとこがかっこいい。この世界観だと神様みたいな存在が工作するみたいにせっせと作った感じになるんだろうか。おそろしかわいい。ずっと見ていたい系のやつ。グーニーズで出てき…

小さな未来「とよたエコフルタウン」(2014.04.26)

最新技術を集約したモデルタウン的な場所。博物館的なところや未来の家屋、水素カー用の水素スタンドなど。発見の森。環境や生物との関わりがテーマ。妙にリアルな生き物の模型。大きい分だけ本物よりも怖い気がする。

めんたいパークとこなめ(2013.10.23)

愛知県とこなめ市にあるめんたいこのテーマパーク。かねふくが建てた施設で、ミュージアムコーナーではめんたいこの生産過程を学べて、工場作業を直接見る事が出来る。めんたいこの試食は混雑時は一回並ぶのにつき1つだけ、との表示。裏を返すとすごく太っ腹…

ロボットは年を取る!

↑前のモリコロパーク記事と同じ日の写真。(2013年)↓おそらく愛知万博当時の映像(2005年)髪型は変わっているが、おそらく同じ人だと思う。およそ8年ほど経っていて、ちょうどそのくらい年齢を重ねたようにみえる。女性に年齢の話をするのは失礼な気もする…

特級のB級スポット『足尾銅山観光』

B級スポット界では超有名な『足尾銅山観光』へ。まずはトロッコで坑道へ。 この中で降りて展示物を見ていくつくり。江戸初期から昭和にかけて400年間掘られたこの坑道を全て足すと、東京から博多までくらいあるという。 構内にはその歴史順に人形が展示され…

足尾歴史館に行ってみた

足尾といえばここの写真を結構見る。 他の建物はここほど酷くはないんだけど、駅前で観光センター近くとすごく目立つ所にあるからなあ。 中に入っているオモチャは新しめのものだったから、現役で活躍しているみたい。 22年くらい前に、これと同じ機体でルパ…

柏崎青海川駅『フィッシャーマンズケープ』

日本海に隣接の青海川駅で降り、丘を登って魚市場とフィッシャーマンズケープという施設へ。お魚丸ごと揚げはかなり惹かれる。 一手間かけて揚げたのに魚市場よりなんなら安くなってるような。魚市場で何か買ってきて、室内でバーベキューも出来るシステム。…

宇都宮市の『松が峰教会』を見学してみた

東武宇都宮駅の近くの教会。 これは懺悔室かな?多分初めて見るから確信持てない。二階部分がメインな感じの所でこの三階は席だけある。 ここから教会全体を見る方がキレイ。さらに上にいく道は無機質な感じ。 こういう鐘はどうやって鳴らすんだろう? 何回…

『妖精ミュージアム』に行ってみた

宇都宮に来たのはここに来たかったから。 入場無料で、市民ギャラリーの隣にひっそりある感じ。 ここ自体が妖精っぽい。妖精関連の本が多数。 その他、トリックアート的な妖精の作品と、本気の妖精美術絵画など。FFの天野喜孝画とか。「コティングリー妖精事…

カップヌードルミュージアム

横浜みなとみらいのカップヌードルミュージアム。 エントランスの広さと天井の高さが贅沢すぎる。 この空間にビル建てられそう。このパッケージのUFOが初めて食べた時のヤツだと思う。おばあちゃんが作ってくれて、わりとパラパラした食感で美味しかった記憶…

『光の遊園地』さがみ湖イルミリオン

さがみ湖リゾート「プレジャーフォレスト」で300万個の電球を使ったイベント。 カートを使った光の動物園巡りが魅力。 基本土日開催で、お客さん多くてかなり賑やか。 夜にも乗れるアトラクションが沢山あり、中には行列ができてるものも。

ピンボール台「Ecology Pinball」 (名古屋市科学館)

名古屋市科学館に設置の「エコロジーピンボール」 ある意味すごいレア台では? ボールを二酸化炭素に見立てて森林や人間界を巡るというストーリーがあって、ゲームシステムは"ゲージの中間を保つと良い"っていうルール。 これはピンボールとして画期的なんじ…

名古屋市科学館でFF系魔法の体験

翌日。 屋外展示はまだ工事中。プラネタリウムも調整中。台風、金曜のお昼。 でも、大混雑。ダームスタチウムが一番強そう。この後9mの竜巻になる。 エアロ程度の威力か。ピカチュウ12匹分の電圧との事。 サンダラくらいの威力はありそう。 他にも、ブリザラ…

”あらかわ遊園”見学

すごくうまいタイミングで雷が来たので閉園後っぽい遊園地に遭遇。

エヴァンゲリオンのまち箱根の旅03

『ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画 in 第三新東京市立第壱中学校』旧仙石中学校を使ったトヨタプリウスとの連携イベント。一応2年生用の昇降口から入ってみる。"名におおざとを持つ者"としては、委員長と杉浦君の"こざとへん"に納得がいかない…

エヴァンゲリオンのまち箱根の旅02

『箱根彫刻の森美術館』 こういう迷路みたいな庭があると、近所の子どもとかか忍び込もうとしてきておもしろそうだ。『ネットの森』 隣の作品を"モノサシ"にして比べてもらえば誰でも簡単に分かると思うけど、すごく大きいのです。アート関係者は、ルート用…

エヴァンゲリオンのまち箱根の旅01

新宿から小田急ロマンスカーに乗って箱根へ向かう。 新型車両の座席は、窓側に向かってやや傾いている配置で景色が見やすい。(ハの字型というかV字型というか)『生命の星・地球博物館』 箱根の玄関口"箱根湯本"のさらに一つ手前の駅にある大きな博物館。これ…

三河工芸ガラス美術館とセントレア

西尾にある三河工芸ガラス美術館。2階のガラス館内は撮影禁止なので写真はないけれど、オススメ。 ガラスを使った美術品と、巨大な万華鏡装置、全面ガラス張りの部屋なんかがある。 特にオススメは「ガラス張りの部屋」の天井に光の点が無限に広がる状態の…

お台場たこ焼きミュージアム

たこ焼き屋が5店舗集まった施設。ミュージアム的な要素はやや少ない。 人手がすごく、長いとこは1時間待ち覚悟なので2店舗しか食べられず。 フジテレビのはちたま内で中野美奈子が撮った女子アナの写真展がやっていた。 自分撮ったら良いのにと思っていたら…

「2k540 AKI-OKA ARTISAN」と「3331」

御徒町〜秋葉原の間にある施設を見学。 六本木の「21_21」とかもそうだけど、ここの2カ所ともネーミングが記号っぽい。建築界とかの流行りなんだろうか?もうちょっと読みやすく(呼びやすく)してもらいたい。 http://www.jrtk.jp/2k540/ 高架下を大改装し…

タバコと塩の博物館は思ったより面白い、特にタバコフロアは。

「ニコチン」が体の中で代謝された後は「コチニン」って名前になるらしい。 もともとの名前もおちゃらけ気味なのに、もじり方まで悪ふざけ感があってタバコの良いトコと悪いトコが見事に表されてると思う。

日立 レジャーランド

『ファンハウス』がオススメ。 足場が動くだけの単純なアトラクションながら、その生々しい音や振動の中にいるだけで異世界感がすごい。 大きな音をたてて大きなモノが動いているおかげで、そこに作用してる巨大なエネルギーを感じることができる。 勝手に20…

上野見学 「大哺乳類展 海のなかまたち」 など

シャチの手の骨格がどうなっているかを見る。 ついでにセフィロスが持っていた正宗の代表作も見る。 偶然動物園が営業していたので見る。

ルイーダの酒場、六本木店

このシルエットの並びは公式にロトの紋章とドラキーの関係を認めたととっていいのだろうか? ↓以下ドラゴンクエスト1〜3をクリア済みの人推奨 『ロトの紋章とドラキーの形が似ている件についての考察』 公式の事実 ・ルイーダの酒場のガラスにロトの紋章とド…

四谷怪談など